‘未分類’ カテゴリー

選択多!ボディーカバーで自分流

自動車を大切に所有している方が国内では特に多い傾向にあります。保管場所に関してもこだわりを持っている方も多くいますが、いわゆる青空駐車のように、ガレージやカーポートなどが設置されていない場所に駐車をしている状態の方の場合では、ボディカバーを利用することも行われています。カバーはいくつかのメーカーから発表されているものがあり、汎用品として一般的に市販されているタイプも存在しています。中にはオーダーメイド品のように車種に合ったサイズのものを販売している業者も存在しており、機能性に優れたカバーを提供しているものを目にすることができます。例えば防水加工が施されているカバーであることは基本とされているのですが、紫外線カットを行うことができるように工夫されていることも一般的になります。カバーによっては裏起毛の状態に加工されているものもあり、ボディを傷付けないように配慮されているものが注目されています。自動車のボディに関しては紫外線の他にも雨や風によっても傷みが進んでしまうことがあります。カバーを上手に活用することによって、輝きを長期にわたって維持することもでき保護を行うことに関しては万全の対策を行うことができます。

コーナーポールで自分流

自動車用のパーツ類は非常に多くのジャンルのものが登場していますが、その中でも機能性とドレスアップ効果を合わせ持っているパーツ類も数多く発表されています。例えばコーナーポールと呼ばれているものがあります。このタイプは車種によっては純正パーツとして用意されているケースもあり、比較的古い時代から用いられてきたパーツになります。一般的には大きな車体を持っているセダンタイプの車種に多い傾向にありますが、汎用品として用意されているポールも存在しているために、どのような車種であっても利用できる環境にあります。実際に販売されているポールの中には配線コードが用意されているものもあり、スモールライトを点灯させた際にポール部分もライトアップさせることのできるタイプも存在しています。取り付けに関しては一般的にはフロントバンパーの運転席と逆の位置のコーナー部分に設置することが行われており、国産車の場合では、左側のコーナーに設置することが行われています。突起物などによって危険が生じないように配慮することが必要になりますが、通常販売されているものは安全性をクリアしているものが提供されており、安心して利用できる環境にあります。

愛車を守るガード・モールで自分流

自動車のドレスアップ方法はいくつも用意されており、アイデアによって数多くのアイテムを利用することができます。愛車を守ることを考えたアイテムも存在しており、その中にはガード・モール、あるいはバンパーモールとも呼ばれているものが用意されています。樹脂製のタイプがメインとされており、軟質ゴムなどで作られているものも販売されているのですが、表面にはメッキ処理が施されているものや、ブラックカラーに設定されているものなどがメインとして販売されています。サイズに関してもいくつものタイプが用意されていて、基本的には左右を対象にして取り付けを行うことが必要なものになります。取り付け場所に関してはフロントバンパーのコーナー部分と、同じようにリヤバンパーのコーナー部分が該当することになり、通常では市販されているタイプの多くには強力な両面テープが施されていることによって、誰でも簡単に貼り付けを済ませることができるように配慮されています。また、貼り付けの際には下地を良好にすることも大切になり、例えば汚れやワックスなどがかかっている状態では直ぐに剥がれてしまう傾向にあるために、十分に洗浄を行った状態で貼り付けすることが基本となります。

初心者マークでできる自分流

初心者マークなどで自分流の個性をアピールする事など、自動車を色々とアレンジする為のアイテムを用意する事は、とても楽しい事であり、そこでやはりマイカーとしてオリジナルのものを持つ事の素晴らしさなどを考えると、やはり自動車をドレスアップさせる事はとても気分の良い事となります。
こうした自動車のアイテムを沢山集めて、それを活用して行く事となると、それだけでも気分がワクワクする事になり、やはり初心者として、若葉マークをつけている車に注目を集めてもらう事でもやはり、そこで自分流をPRする事が出来る状況であれば、良い意味で運転中に注意を集めていく事となります。
運転技術の乏しい時期で、あまり高度な事は出来ない状況となっていて、少しでも一般のドライバーに迷惑をかけない事を考えながら、運転を行う事が求められる事であり、そう言った所をしっかりと考えて、ドライブを行う事ではやはり初心者としてマナーを守りながら、より良い運転技術の向上を図る事が望まれる所であり、そこで色々とカー用品などで使える物があれば、より良い活用を行いながら運転を行う事が求められます。便利グッズなどは沢山ある為色々と試してみると良いのかも知れません。

マフラーカッターで自分流に

自動車のドレスアップに関しては非常に多くのアイテムが用意されており、自動車を変化させることを好む方にとっては非常に便利なアイテムの数々が提供されています。カスタムを行う方法の中にはマフラー交換などを行って、自動車の性能を十分に引き出すことを行っている方も存在しています。マフラーに関しては排気ガスに関する項目や、排気音に関する規制なども存在しているために、マフラー交換を行う際には、公道用とサーキット用に使い分けることが必要になります。公道を走行させる方の場合では、車検適合品を選択する必要があり、形状に関しても純正品よりも外に出ないサイズを選択することが大切になります。その一方で、マフラーに関するドレスアップの方法としては、簡易的にマフラーカッターを装着する方法も用意されています。このタイプは純正のマフラーのエンド部分に装着するものとして知られており、純正品よりも太いタイプを選択することが一般的になります。大口径のタイプであっても利用できるものがあり、通常ではボルトで締め付けを行って、固定するタイプがメインとして販売されています。いわゆる1本出しのマフラーであっても、2本出しへと見た目上を変化させることもでき、自分流として自由に選択することができます。

自分流を実現させるドレスアップと便利グッズ

愛車のドレスアップは意外と手軽に楽しめます。パーツによっては工具などを必要とせず、両面テープなどで接着しちょっとしたカスタマイズを実感できます。例えばドアモール。ホームセンターなどで比較的安値で購入することができ、取り付けも両面テープで取り付けるため、カスタム初心者の方でも簡単です。ドアモールとはドアの淵の部分を保護する目的で取り付けるものです。ドアを開けた際にドアを開けすぎて壁に当たってしまい、ドアの淵が傷ついてしまった、といった経験をされた方も多いはず。そういったトラブルを防ぐためのものですがメッキ仕様のものもありカスタムとしても見栄えします。ドア以外にもトランクやボンネット便利なグッズがカスタムアイテムとしても使えます。またちょっと手慣れてきたらヘッドライト横の小さなランプを交換してみるのもおすすめです。ポジションランプやスモールランプといった呼ばれ方もします。これも大抵の車種はボンネットを開けるだけで簡単に取り替えできます。特殊な工具を必要としないため初心者向きのカスタム。ですがLEDバルブなどに変更すればかなりカスタム栄えするポイントです。ちょっとした工夫できる自分流のカスタムを見つけましょう。

ステッカーで車外を自分流に

自動車を自分流にドレスアップされている方が存在しています。古い時代から用いられているものも多く、例えばエアロパーツなどは非常に有名なドレスアップグッズとして利用されています。現在ではアルミホイールなども機能性だけではなく、ドレスアップ用として利用されている方も多く、個性的なデザインのものを選ぶ方や、インチアップを行う方なども多い傾向にあります。そんな中、もっと手軽にドレスアップを楽しむ方法も用意されており、その中にはステッカーを利用する方法があります。一般的なカー用品店でも数々のアイテムが販売されており、自由に車体に貼り付けることもできますが、カッティングシートなどを購入して、自作品として製作を行う方法も用意されています。ステッカーを利用する場合では、屋外用に適している素材を利用することは勿論ですが、交通に支障の無いように十分に配慮することも大切になります。オリジナル品を製作する方の場合では、インターネット上には自動車用として自由なデザインでの製作を引き受けているショップも用意されているために、例えばチームなどを組んでいる方の場合では、複数枚のものをデザインして製作依頼を行うことも可能とされており、自動車のイメージを変えることができます。

自分流を便利グッズでメンテナンス

居住している地域によっても異なりますが、毎年春になると自動車のボディに対するメンテナンスを行うことが推奨されています。ボディには走行中に鉄粉が付着してしまうことが多いために、放置してしまうことによって、錆の状態が広がってしまうことになります。そこで便利グッズとして用意されているものが、鉄粉を除去するための粘土状のものが用意されています。このタイプのアイテムの利用方法としては、バケツに水を入れておき、常に濡らした状態でボディの鉄粉の上を擦ることによって、綺麗な状態に戻すことができるものになります。また、洗車を行った際には窓ガラス等に付着してしまった水滴を除去する方法があります。一般的な住宅の窓用として販売されているハンドワイパーなどを利用することによって、綺麗に水滴を取り除くことができ、洗車をスムーズに終わらせることもできます。さらに自動車にはナンバープレートが設置されていることになります。ナンバープレートに使用されているネジは一般的な鉄で作られているタイプになるために、一定期間が経過してしまうと錆が発生してしまいます。この対処方法としても便利に機能するものがあり、同じネジ山を持っているステンレス製のタイプに交換することによって、メンテナンスを行うことができます。

エアロ用品で車外を自分流に

車外を自分流にオリジナリティのあるものへ変えたい時に役立つのがエアロ用品です。カーグッズ販売店やカーディーラーで扱っているこれらのパーツを取り付けると、車の雰囲気を大きく変更することができます。ファミリーカーのようなかわいらしいデザインの車でも簡単にアグレッシブな顔つきに仕上げられるので、車の愛好者に人気のアイテムです。個性を車に反映させることもでき、自分だけの一台を作って楽しむ際に便利な用品です。

エアロ用品には種類がいくつかあり、中でも人気なのがフロントマスクの印象を変えてくれるフロントフェンダーです。空気の流れを意識したデザインや大きく口を開けたラジエーターなど、取り付けるだけで手軽にデザイン性の高い車を作り上げることができます。車のリアに取り付ける、リアウイングも人気のパーツです。フラップ形式の小型のものから、ステーを取り付けて高さを上げた本格的なウイングまで、好みに合わせて選べるようになっています。

購入するには、純正品であればカーディーラーへ、オリジナルのものを選ぶならカーグッズ販売店がおすすめです。純正品は他にも付けている人が多いので、自分だけのスタイルを目指すなら、車の改造パーツを製造しているショップで探すとよいでしょう。