マフラーカッターで自分流に

自動車のドレスアップに関しては非常に多くのアイテムが用意されており、自動車を変化させることを好む方にとっては非常に便利なアイテムの数々が提供されています。カスタムを行う方法の中にはマフラー交換などを行って、自動車の性能を十分に引き出すことを行っている方も存在しています。マフラーに関しては排気ガスに関する項目や、排気音に関する規制なども存在しているために、マフラー交換を行う際には、公道用とサーキット用に使い分けることが必要になります。公道を走行させる方の場合では、車検適合品を選択する必要があり、形状に関しても純正品よりも外に出ないサイズを選択することが大切になります。その一方で、マフラーに関するドレスアップの方法としては、簡易的にマフラーカッターを装着する方法も用意されています。このタイプは純正のマフラーのエンド部分に装着するものとして知られており、純正品よりも太いタイプを選択することが一般的になります。大口径のタイプであっても利用できるものがあり、通常ではボルトで締め付けを行って、固定するタイプがメインとして販売されています。いわゆる1本出しのマフラーであっても、2本出しへと見た目上を変化させることもでき、自分流として自由に選択することができます。

コメントは受け付けていません。